パソコン

超小型マウス【M-CC2BRS レビュー】持ち歩きにも最適なBluetoothマウス!

今回はエレコムの超小型マウスM-CC2BRSを紹介します。

マウスもたくさん種類がありますが、持ち歩きし易い小型マウスとなると種類は少ないです。

そんな中Ipadと一緒に持ち歩き易いマウスを見つけたので紹介します。

CC2BRSのポイント

ポイント

収納時小さく使用時は通常のサイズ

バッテリー内蔵で電池いらず

クリップ式で挟める

▽M-CC2BRSのスペック

対応機種 Windows、Mac、iPad、iPhone
適合規格 Bluetooth 3.0
分解能 1200カウント
電波周波数 2.4GHz帯
接続可能台数 1台のみ
電波到達距離 3m
読取り方式 光学センサー方式
ボタン数 3個 ※ホイールボタン含む
ホイール数 1個
連続動作時間 約18時間
連続待機時間 約36日
想定電池使用期間 約32日 ※1日8時間
電源(本体) 内蔵リチウムイオン充電池
充電可能回数 約500回
外形寸法 使用時:幅41.0mm×奥行87.0mm×高さ30.3mm
収納時:幅41.0mm×奥行52.0mm×高さ30.3mm
サイズ分類 使用時:Sサイズ、収納時:SSサイズ
質量(マウス本体) 約40g

付属品はMicro USBケーブルとマニュアルのみでした。

 

▽収納時

収納時は奥行きが5センチ2ミリと非常に小さいです。

 

▽使用時

使用時は8センチ8ミリまで伸びます。小さい手の私には使い易いサイズ。

M-CC2BRSの設定方法

▽ペアリングはマウス充電口横の小さいボタンを長押しします。下側のMicro USBに挿しておけば充電出来ます。

 

▽Ipad側は設定のBluetooth項目のその他のデバイスで認識されるので、それをクリックすればOK

接続はそれでおしまいです。簡単ですね!

 

これで通常通りマウスは使える様になりました。

 

▽マウスの設定項目は「一般」の「トラックパットとマウス」の項目にあります。

 

▽設定と言っても項目は少ないです。

マウスの速度とスクロール方向の反転と右クリックの入れ替えです。

 

▽その他マウスの設定で「タッチ」の「assistive touch」をオンにしてタッチ系の操作を割り当てられるのですが、マウスのドラックとタッチ操作を両方認識するので私はオフにしてあります。

 

これで設定は終わり

 

どのくらい小さいかが分りにくいのでロジクールのM185と比較してみました。

使用時の縦幅は変わりませんが横幅はかなり小さいです。

 

▽畳んだ時は半分以下になります。

 

だいぶ小さいのがわかると思います。

 

M-CC2BRSの使用感

2ボタンマウスなので他のマウスと違うかと言われると変わりません。ボタンのクリック感はしっかりしていて「カチッ」と言う音がしっかりなります。静音使用ではないですね。

 

ブラウザで文字を範囲選択する時は縦に光っているカーソルからドラックしてあげれば範囲選択できますが、

MicrosoftのOneNoteではドラックで範囲指定できません。ソフトによって挙動が違う様ですがこれはIpadOSの仕様でしょう。

▽クリップ部がテフロン加工されているので滑りが良い。

 

M-CC2BRSの良い点

ポイント

小さい!

充電式で電池いらず

 

M-CC2BRSの悪い点

ポイント

ソフトによってマウスの挙動が変わる。(IpadOS依存)

使用中は充電できない。

クリップ部はプラスチックなのでパソコンに付けるのは不安。

これで私のIpadPro12.9インチもノートPCに近づきました!このブログも四苦八苦しながら書いていますがノートPCを使用している時に比べ快適になってきました。

ではまた!

 

 

-パソコン
-,

© 2021 DigitalGadgetCafe