黒物家電

2016年夏のボーナス商戦 4Kテレビの選び方 シャープ編!


いらっしゃいませ!現役家電量販店販売員のまさゆきです。
今年はオリンピックイヤーなんで、テレビの売れ行きが好調ですね!
色んなお客様から聞かれる事と言えば『どれが一番綺麗なの?』です。
お客様が綺麗に見えるテレビが一番綺麗なんですよ!なんて言いますけどね。

 

今回紹介するテレビは

XD35 サイズは60型
XD35

XD45 サイズは55型
XD45

US40 サイズは60型・55型・50型
us40

U40 サイズは55型・50型・40型
u40

以上です。

Sponsered Link

 

 

ではシャープの機能比較をみてみましょう!

 

syhikaku
簡単な比較表ですが、U40のみパネル性能と映像エンジンの性能が落ちます。実際の映像を見ていても人肌の色合いがあまり綺麗に出ず血の気が引いたような顔に映ります。
正確な情報ではないのですが、営業さん曰く、US40以上は栃木工場のパネルを使用していると言っていました。
パネルは全てVAなので明るく映る傾向があります。
バックライトはXD35とXD45が直下型で部分制御が出来ます。

・U40は倍速も付いていないので外します。
倍速機能は上位2機種が960スピードとなっていますが、倍速+黒挿入✕2なのであまり意味がありません。

シャープでオススメ機種は
US40シリーズ
になります。

まだ出たばかりなので価格は高いですが、それだけに交渉で下げられる幅が大きくなります。
私の正直な意見を言いますと、画質・音質共にソニー・パナソニック・東芝に負けています。
まずノイズが目立ちすぎ、人肌の色合いや質感が良くない。(LEDの特性か青みがかって血色が悪く見える。)
デモ映像は派手目な色合いで目を引くがグラデーションの表現が良くない。
スペックで裏打ちされた機能ではなく「リッチカラー」「メガコントラスト」など曖昧な表現が多い。
XD45とXD35はサイドスピーカーのモデルですが、ソニーのX9300DやパナソニックのDX770の様な音質は望めないのでおすすめしません。
パネルメーカーとしては良いメーカだと思いますが、絵作りは他の3社の方が良いと思います。
ラインナップが無駄に多い。(記載したタイプ以外に4Kは2ラインナップあり違いが解りにくい)
以上になります!

ちょっと厳し目でしたかね?
ただシャープの営業さんはパナソニックやソニーに比べ頑張っている様には見えないんですよ。
会社が傾いている上に鴻海に買収され気落ちしているのは解りますが、そんな時だからこそ頑張っている姿を販売員に見せれば「シャープを売ろう!」って気持ちになるんですけどね。
今後の営業さんの活動に期待します!

 

それではまたのご来店をお待ちしております!

Sponsered Link

-黒物家電
-, , , ,

© 2021 DigitalGadgetCafe